iPhone、iPadでPS4のゲームをプレイしよう!【リモートプレイ】

PlayStation4の「システムソフトウェアバージョン6.50」アップデートが2019年3月7日に実施され、iOS端末でのPS4リモートプレイが利用できるようになりました。

「iPhone、iPadでPS4のゲームをプレイしてみたい!」というあなたの為に設定法など解説します。

スポンサーリンク

PS4リモートプレイとは

スマートフォンやパソコンにPS4の画面を表示して実際にゲームがプレイできるアプリです。

■主な特長
・「PS4 Remote Play」を使うとWi-FiでPS4にいつでもどこでもアクセスできます。
・PS4の画面をモバイル機器に表示できます。
・モバイル機器に表示されるコントローラーを使って、PS4を操作できます。
・モバイル機器のマイクを使って、ボイスチャットに参加できます。
・モバイル機器のキーボードを使って、PS4へ文字を入力できます。

PlayStation BLOG

はじめ方

iPhone、iPadでPS4のゲームをするには下記のものが必要となります。

■本アプリ利用時に必要なもの
・iOS 12.1以降がインストールされたモバイル機器(iPhone 7、iPad(第6世代)、iPad Pro(第2世代)以降を推奨)
・最新バージョンのシステムソフトウェアがインストールされたPS4本体
・PlayStation™Networkのアカウント
・高速なネットワーク(ご家庭のWi-Fi)

PlayStation BLOG

すべてそろっている場合はAppStoreから「PS4 Remote Play」アプリをインストールしましょう!
下記アイコンからもダウンロードできます。

‎PS4 Remote Play
‎PS4 Remote Playを使うと、Wi-FiでPS4にいつでもどこでもアクセスできます。 ・PS4の画面をモバイル機器に表示できます。 ・モバイル機器に表示されるコントローラーを使って、PS4を操作できます。 (iOS13およびiPadOS13以降がインストールされたモバイル機器では、DUALSHOC...

アプリをインストールしたらPS4の設定をしましょう!

PS4を起動し「設定」の中の「リモートプレイ接続設定」を開きます。

「リモートプレイを有効にする」にチェックを入れる。

iPhone、iPad側でアプリを起動し「はじめる」をタップ。

PSNアカウントでサインイン

PS4の検索が始まります。しばらくまっても見つからない場合は画面右下の「手動で登録する」をタップします。

手動でPS4を登録する方法

「手動で登録する」をタップすると左の画面が表示されます。

PS4の「リモートプレイ接続設定」の「機器を登録する」を選択すると番号が表示されますので300秒以内にiPhone、iPad側で入力し「登録する」をタップします。

iPhone、iPadにPS4の画面が表示されれば完了です!

スポンサーリンク

遊び方

画面に表示されるコントローラーでゲームをプレイすることができます。

縦画面表示

ゲーム画面の部分でタッチパッドの操作ができます。ダブルタップでタッチパッド押し込み操作になります。

横画面表示
L3R3ボタン押し込みはダブルタップでできます。
PSボタン等邪魔な場合は右下の×マークタップで非表示にできます。
左下のマイクマークタップでボイスチャットON/OFF切替できます。

注意:PS4のDUALSHOCK4は使用できません。
ただしMfiコントローラーを使えばコントローラーでのプレイが可能です。
Mfiコントローラーについては下記記事で紹介していますので参照ください。

iPhone、iPadのゲームをコントローラーでプレイしよう! おすすめ10選
「iPhoneとかiPadでゲームしているけどタッチ操作じゃやりにくい...

各種設定

  • 画面右上の歯車マークをタップして設定を変更することができます。

・「タッチ操作で振動する」ON/OFF
画面コントローラーのボタンを押すたびに振動するのでOFFの方がやりやすいかもしれません。

・「リモートプレイのビデオ品質」
下記参照

・「キーボードを使う」ON/OFF
BluetoothキーボードやiPad ProのSmartKeyboardなどで文字入力が可能!

・「接続するPS4を変更する」PS4を複数持っていたり買い替えた時などに設定します。通常は使用しません。

「リモートプレイのビデオ品質」
・解像度360p、540p、720p、1080pから選べます。
1080pは「PS4PRO」のみ

・フレームレートは「低/高」から選択できます。底:30fps、高:60fpsだと思われます。

解像度、フレームレートを高くするには高速なインターネット回線が必要になります。

スポンサーリンク

「PS4 Remote Play」の不満点

・モバイルネットワークで使用できない。

Wifiのない場所ではプレイできません。しかしモバイルルーターなどWifi接続できる機器をもっていれば解決できます。

・MfiコントローラーのほとんどがL3R3ボタンがない為、画面コントローラーを併用しないといけない。

あまり必要ないゲームはいいですが頻繁にL3R3を使用するアクションゲームなどは画面をタップしないといけないのでプレイが厳しいですね。

「PS4 Remote Play」アプリが出て来る前から「R-Play」というiPhone、iPadでPS4リモートプレイができるアプリが存在しており有料(1400円)ですがモバイルネットワークでのプレイ可能、タッチパッドやL3R3のショートカットを割り当てれるなど優れている点が多数あります。
下記記事で徹底比較しておりますので是非ご覧ください。

iOSにPS4リモートプレイ公式アプリがきた!R-Playと徹底比較
PS4リモートプレイとは?PS4をスマートフォンやタブ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました